• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > お知らせ > ちいさなあなたへ 読者の声

ちいさなあなたへ 読者の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てはあっという間に終わってしまう。 わが子の成長は…

子育てはあっという間に終わってしまう。わが子の成長は嬉しい。けれど、なんだか寂しい。
そんな気持ちになってしまった。
カスタさん(レビュー協力:ブクログ

 

ママ友さんに、良い絵本だからといただきました。読み終わる頃…

ママ友さんに、良い絵本だからといただきました。 読み終わる頃には涙があふれていました。自分から娘へ、娘からまたその娘へと 時を経て、いろんな経験し、同じようにみな歳をとるけれど 同じ想いでずっと繋がってくれるのかしら 。母の、娘と未来への愛しさ・優しさが詰まっている本だと思います。 ママだけでなく、パパにもぜひ読んで欲しいです。
mappyさん (レビュー協力:ブクログ

 

イイです!!!母がいる全ての人に読んでもらいたい。本の中…

イイです!!!母がいる全ての人に読んでもらいたい。絵本に描かれているのは母娘ですが、男性にもお勧めです。私はうっかり本屋さんで手に取り、うっかりその場で泣いてしまいました。いろいろな立場から何度も読んでみることをお勧めします。
1回目は、子どもに戻って、自分のお母さんの声を聞くように読んでください。2回目は、親になってみて、自分の子どもに話しかけるように読んでください。
3回目は、自分たち親子の友人になって、想像上に自分の親と自分を登場させて話す親と聞く子ども、二人の関係をよく感じながら読んでください。4回目は、3つの立場の中から一番しっくりきた立場で再度読んでください。どの立場でも、気持ちが動いたり、気付くことがあると思います。
てんてんさん (レビュー協力:ブクログ

 

これまでの自分を子どもに置き換えて、将来の自分を母親に置…

これまでの自分を子どもに置き換えて、将来の自分を母親に置き換えて何度も読み返したくなります。
「かなしいしらせに みみをふさぎたくなる」ような日もありました。そんなときに支えてくれたのは他でもない母でした。今月で二十歳になりますが、どんなに大人ぶってみても私はいつまでも母の娘であり続けるんだろうなあと思いました。そんな当たり前のことを思い出させてくれる大切な本です。
強く子を思う母性というものに勝る力はないように感じます。
mami58eirさん (レビュー協力:ブクログ

 

軽く流れるようなタッチがやさしいイラストと、ゆったりと語りかけ…

軽く流れるようなタッチがやさしいイラストと、ゆったりと語りかけるようにやさしい言葉が美しい絵本。日々強くなる胎動を感じながら読んでいます。今はこのお母さんのまなざしの先にある娘の気持ちを思いながらですが、まもなく私も、このお母さん自身に自分を重ね合わせ読む日が来るのでしょうか。
ちいさな命を育み、いかなる時も無償の愛を注いでくれる親の存在はいくつになっても尊くありがたいものですが、その子どももまた、産まれた瞬間から親をしあわせにしている愛に溢れた存在なのですよね。その奇跡のようなつながりのあたたかさを思うと、じんわりと胸が熱くなります。
いつまでも手元において、これからも節目ごと大切に読み返したいと思います。贈り物にもいいですね。naokoyashitaさん (レビュー協力:ブクログ

何気なく本屋で立ち読みしていて、最後のページで泣いてしまい…

何気なく本屋で立ち読みしていたら、最後のページで泣いてしまい、ちょっと恥ずかしい思いをした本です(^^;)登場するのが女の子と母親なので、女性のほうがより心を揺さぶられるかとは思いますが、ぜひお父様方にも読んでいただきたい絵本。
日見幼稚園さん (レビュー協力:ブクログ
 

感動に震えた、と言ったら大げさに聞こえるだろうか。でも書店…

感動に震えた、と言ったら大げさに聞こえるだろうか。でも、書店で手にして読んだとき「こんなのずるいよ」と思いつつ、涙で視界がぼやけ、感動で胸の奥が温まり、その感動が本を持つ手に伝わりブルブル震えたのを覚えている。なんてあたたかい話なんだろう。これは私の親の、私の、私の子どもの、その子どもの…と、ずっと続いていく物語だ。
人刀さん (レビュー協力:ブクログ

 

子どもが生まれた時の喜び、成長していくにつれ感じる喜び、そ…

子どもが生まれた時の喜び、成長していくにつれ感じる喜び、そして不安。やがて訪れる巣立ち。自分自身もこのように愛され、心配をかけ、見守られてきたのだなと、感謝の気持ちで一杯になる絵本。子育てでイライラした時、悩んだ時、そして自分が孤独だと感じた時、読んでほしい本。
a-featherさん (レビュー協力:ブクログ

 

随分前に書店で立ち読みしたのですが…思わず、涙が溢れてく…

随分前に書店で立ち読みしたのですが…思わず、涙が溢れてくる絵本でした。ちいさな命が産まれ、成長し、そして新たな命を産む…その繰り返しが奇跡のように美しく感じられました。今まで愛情いっぱいに育ててきてくれた両親への感謝の想いが溢れてきました。そして、私がいつか母親になったら、同じように深い深い愛情でわが子を育てていきたいと強く感じました。
歳を重ねる度に、読み返して味わっていきたい絵本です。
Yuu*さん (レビュー協力:ブクログ

 

子育てをされていない方たちも、読めばジ~ンとなるであろう本…

子育てをされていない方たちでも、読めばジ~ンとなるであろう本です。ましてや、子育て中だったり、子育てを終えられた方たちには・・・感慨深い何かが迫ってくることでしょう!親から子へと繰り返される人生~その人生に幸あれと願います!!
やさしい気持ちにさせてくださって、ありがとう~
setuさん (レビュー協力:ブクログ

 

思春期の入り口で戸惑っている娘のクリスマスプレゼントとして…

思春期の入り口で戸惑っている娘のクリスマスプレゼントとして選んだのですが、これは、自分の親の老いを感じ、子育てにひと息つける大人が折に触れ、ページをめくりたくなる絵本でした。
駆け抜けるおばさんさん (レビュー協力:ブクログ

 

お知らせカテゴリ
RSS
カテゴリー