• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > お知らせ > 顔のコリをとって若返る!『逆引き アンチエイジング事典』 2016年9月2日発売

顔のコリをとって若返る!『逆引き アンチエイジング事典』 2016年9月2日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社主婦の友社は、9月2日(金)に『逆引き アンチエイジング事典』http://books.rakuten.co.jp/rb/14379023/)を発売いたします。本書は、老け顔に見える原因を逆引き検索できる仕様となっており、各悩みに対して顔筋ケアのパイオニアであるKatsuyo先生が原因と解決法を解説いたします。


~~なぜ、肩コリは気にするのに「顔のコリ」は放置するのですか?若く見られたければパックより、筋トレより「顔のコリ」をほぐしなさい。(顔筋コーディネイト(R)考案者Katsuyoさん)~~

老化の原因は「顔のコリ」にあります

著者の顔筋コーディネイト(R)考案者のKatsuyoさんによると、「顔のコリ」ができると肌表面に凹凸や段差、影が生まれて、顔の印象が老けて見える原因につながるとのこと。

こんなお悩みはすべて「顔のコリ」が原因です
☑目尻のシワ
☑ほうれい線
☑マリオネットライン
☑ほおのたるみ
☑ガタガタのフェイスライン
☑眉間、額のシワ
☑左右非対称な鼻の大きさ
☑梅干しを食べたときのようなあごの凹凸
☑ほおの縦ジワ

シワを100%なくすことはできなくても、「顔のコリ」をとることで、上記のような悩みは軽減され、顔を若々しく好印象にすることができる。これは20年近くにわたり、様々な顔のコリを分析し、5ミリ単位で細かくほぐしてきた著者Katsuyoさんだからこそ言えること。

1回1~2分、朝晩2回のケアで「顔のコリ」はほぐれる

「顔のコリ」は、日々の生活の表情のクセがほとんどの原因。無意識で行われる表情のクセはなかなかなおすことはできませんが、それによってできた「顔のコリ」はほぐしてなくすことができます。お金をかけたケアをしなくても、1回1~2分、朝晩2回、しかも必要なのは自分の手。短時間で簡単な毎日少しずつのケアの継続により、「顔のコリ」をほぐすことができるそうです。


口元のコリはココにある!
A.鼻と唇の間。筋肉がかたいと、縦に細いシワができてしまう。
B.唇のすぐ下。「んー」っとあごに梅干しをつくるクセがある人は注意。
C.口角。何ごとにもガマンしがちで心配症な人は、不安で口角が下がり、かたまりやすい。
D.マリオネットライン。あごが小さい人も出やすい場所。

「美しい顔とは凹凸・段差・影のない、しなやかな顔筋が保たれている顔のこと。顔筋を鍛えることよりも、顔のコリをほぐすことが美しい顔になるための最短の近道である」とKatsuyo先生。


本書では、顔を7つのパートに分けて、それぞれのコリをほぐすメソッドを、実践しやすい解説図とともに提案しています。

 【書誌情報】

タイトル:逆引き アンチエイジング事典
Katsuyo(かつよ)著
定価:本体1,300円+税
発売日:2016年9月2日(金)
判型・ページ数:四六判・160ページ
ISBN:978-4-07-417303-7
http://books.rakuten.co.jp/rb/14379023/

Katsuyo(かつよ)

顔筋コーディネイト(R)考案者、美容研究家、美容サロン・スパメニューコンサルタント。2000年に「スペリアルサロン」を東京・南青山に設立。過去1万回以上の施術を通じて、顔筋(表情筋)のトラブルに多数向き合い、現在は、講演活動をはじめ個人の顔筋診断やメソッド指導も行っている。顔筋コーディネイト(R)の施術は、国内外にて幸せ顔・愛され顔づくりのプロとして定評あり。

本件に関するメディアの方からのお問い合わせ先
株式会社主婦の友社 広報・宣伝課
TEL:03-5280-7577
pr★shufutomo.com(★は@に変換してください)

 

お知らせカテゴリ
RSS
カテゴリー