• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > 小さな魔女と野良犬騎士 4

小さな魔女と野良犬騎士 4

電子書籍あり

小さな魔女と野良犬騎士 4

美少女社長に殺害予告!? 少女にかけられた呪いとは? 伝説の暗殺者から少女を守りきれるのか?

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA online
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • honto 電子書籍ストア
  • Amazon Kindle
  • 楽天Kobo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

フランチェスカとの対立を終えたアルトのもとに、北街の情報屋ルン=シュオンが訪れる。毎年西街で行われる商業ギルド主催のオークションの責任者が、短期間で次々に殺害されているのだという。事前には必ず犯行声明文が出されており、そこに書かれている名前は「暗殺者ハウンド」――王都で知らない者はいない伝説の暗殺者だった。そこでルンはアルトに、オークションの次の責任者になったラサラ商会の社長、ラサラ=ハーウェイの護衛を持ちかけてくる。天楼への借金のこともあり、とりあえず話だけでも聞くことにしたアルトだったが――「どの程度役に立つかはわかりませんけど、貴方にボクを守るという栄誉を与えます」ラサラはかなりクセの強い性格の少女だった。
カテゴリー