• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > 牧子、還暦過ぎてチューボーに入る

牧子、還暦過ぎてチューボーに入る

牧子、還暦過ぎてチューボーに入る

10年前、重篤な病気で緊急手術、2週間の意識不明。臨死体験までした著者が「食は命」と改心し、おうちごはんを作るまで。

  • 著者:内館牧子著 
  • ジャンル:読み物
  • 発売日:2018/11/07
  • ISBN:9784074329694
  • 判型・ページ数:4-6・256ページ
  • 定価:本体1,300円+税
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA online
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

2008年、雪の盛岡で、急性動脈疾患と心臓病に倒れ、13時間に及ぶ緊急手術。その後、二週間の意識不明で生死の境をさまよった著者。誰もが最悪の事態を覚悟した。が、奇跡的に生還し、そこで医師から日頃の食生活の大切さをこんこんと諭される。それまで仕事がらみの外食&美食三昧。大根を切る暇があれば原稿を書く、という生活だった。が、大病を体験し、食は命と直結していることに気づいてからは、家にいる限りおうちごはんを作る。『食べるのは好き、飲むのも好き、料理は嫌い』という本まで出し、料理嫌いを公言してはばからなかった著者が、一転、だしをひき、ベランダで野菜やハーブを育て、パンを焼くまでに。飲み会、接待、出張続きで健康に不安を抱えるビジネスマンも、子どもも育ち上がったから、もうごはんは作りたくない!と叫んでいる主婦も、今一度、家庭料理を見直そう。臨死体験までして身にしみた著者が語る、病気にならない食生活。
カテゴリー