• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > 弐十手物語 ひげ鶴走る編

弐十手物語 ひげ鶴走る編

弐十手物語 ひげ鶴走る編

人情時代劇の第4弾!「死に神」の異名を持つ十手持ち・菊地鶴次郎。彼と出会う女たちの運命は…? 時代を超えて胸に響く名作!

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA online
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

人情時代劇の傑作・第4号。南町奉行所同心の主人公・菊地鶴次郎。「死に神鶴次郎」の異名通り、これまで彼に関わった女性はみな、まるでそれが宿命だったかのように、非業の最後を遂げていく…。死んでいった女たちへの供養、そして「もう女には関わらない」という決意を込め、「ひげ」をたくわえて無骨を装うこととした鶴次郎。しかし、そんな自分の意志とは裏腹に、やくざの親分の元から〝足抜け〟をしようと逃げ出した女・千万(ちま)と出くわしてしまう…。 『週刊ポスト』(小学館)で26年の長期に渡り連載され、フジテレビの木曜時代劇でドラマ化もされた人気作。〝涙の十手持ち〟の物語は、時代を超えて胸に響きます。時代劇を愛するすべての方にお届けします。本作が初掲出された「1978年」の時代背景も紹介します。
カテゴリー