• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > 熊耳夫人

熊耳夫人

熊耳夫人

シアター小説第3弾。12世紀・中国の実話から生まれた歴史ロマン。表紙&挿絵はラブコメの巨匠・高橋留美子が描き下ろし!

  • 著者:信田朋嗣著 高橋留美子絵 
  • ジャンル:読み物
  • 発売日:2018/07/31
  • ISBN:9784074307302
  • 判型・ページ数:A5・164ページ
  • 定価:本体880円+税
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA online
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

読みやすさにこだわり、「大人の方に読んでいただける小説」をコンセプトに、〝大人のライトノベル〟として誕生した「シアター小説シリーズ」の第3弾。舞台は15世紀の中国。少女は、母から「熊耳夫人」という女性の物語を聞かされる。12世紀の南宋時代。モンゴル軍の進攻に長い間耐えていた釣魚城で、城主となった若き王立は、ある事件で討ち取った熊耳将軍の妻・小華をそうとは知らず手元に置く。小華は身分を隠して仕えていたが、共に過ごすうちに二人は惹かれ合う。国を守り、長い戦いを終わらせた彼女のたった一つの武器は「愛」だった―。表紙と巻中イラストは、高橋留美子が担当。『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』など、多数のヒット作を世に送り出すラブコメディー漫画の巨匠が、本作のために描き下ろした渾身作が物語を彩ります。三百年前の中国で起こった実話を元に生まれた愛の歴史ロマン。ぜひ、ご堪能ください。
カテゴリー