• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > 暦でわかる園芸作業

暦でわかる園芸作業

電子書籍あり

暦でわかる園芸作業

園芸作業に役立つ知恵が込められた二十四節気や雑節などの暦の言葉の意味や、その時期に行う園芸作業をイラストつきで解説。

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA online
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • honto 電子書籍ストア
  • Amazon Kindle
  • 楽天Kobo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

立春、春分、夏至、大寒などの二十四節気や雑節などの暦は、古代中国で太陽の運行をもとに考案され、日本に伝わり、農作業に利用されてきた。、また、植物の開花や落葉、鳥の渡りなど動物や植物が教えてくれる季節現象=生物季節は園芸作業の大きな目やすになっている。本書は、古い暦の由来や知恵を改めて知り、生物が教えてくれる季節の変化を、現代に生きる私たちの園芸作業に役立てるための道案内役になってくれる。四季それぞれのどんな時期に植物が芽吹き、花が咲き、実ができ、紅葉するのか――日々の自然観察にも役立ち、失われがちな「季節感」を思い出させてくれる。タネまきや苗の植えつけなど季節ごとの植物育てのアドバイスや方法を描いたイラストと、植物への愛情あふれる解説で好評だった2009年2月発売の『二十四節気でわかる園芸作業』を、オールカラー、美しい四季の植物写真をプラスした改訂版。
カテゴリー