• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > 「余り病」が命を奪う ストレスリセットの新養生訓

「余り病」が命を奪う ストレスリセットの新養生訓

「余り病」が命を奪う ストレスリセットの新養生訓

「寝てても起きてても疲れる」「忘れっぽい」「眠れない」「ワクワクしなくなった」。それって命を削る「余り病」予備軍です

  • 著者:渡辺正樹著 
  • ジャンル:健康・医学
  • 発売日:2017/11/01
  • ISBN:9784074272532
  • 判型・ページ数:4-6・192ページ
  • 定価:本体1,400円+税
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA online
  • 紀伊國屋書店
  • ブックサービス
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

「寝てても起きてても疲れる」「つい夜に食べ過ぎる」「最近忘れっぽい」「眠れない」「ワクワクしなくなった」。こんな状況を耐えているあなたは、まさに「がん」「高血圧」「糖尿病」「動脈硬化」「アルツハイマー」「血管が老いる」・・・命を奪う病の最大の患者予備軍かもしれません。神経内科医であり、自律神経・痴呆症のプロフェッショナルである渡辺正樹医師が提唱するのは「余らないようにする」「溜まらないようにする」「腐らないようにする」こと。すべては日頃の生活習慣病が招く、命を奪う病気・・・それが「余り病」と渡辺医師が呼ぶ最新の生活習慣病。この3つが内臓脂肪など臓器を守り、自律神経を整え、がんの原因にもなる活性酸素を落ち着かせ、アルツハイマーを引き起こす「アミロイド」を生み出さない・・・現代の新しい養生訓を届けます。
カテゴリー