• ホーム
  • お知らせ
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
ホーム > 病気になったとき体の中で起きてることが見える本

病気になったとき体の中で起きてることが見える本

病気になったとき体の中で起きてることが見える本

なぜ病気になるのか、体の中をCG画像でわかりやすく「見える化」する。ながめるだけで、病気の仕組みがわかる、予防ができる。

  • 著者:NHK編 
  • ジャンル:健康・医学
  • 発売日:2017/04/12
  • ISBN:9784074223404
  • 判型・ページ数:A5・160ページ
  • 定価:本体1,400円+税
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA online
  • 紀伊國屋書店
  • ブックサービス
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • ローチケHMV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容説明

病気になったとき、私の体の中は一体どうなっているんだろう? という、誰もが一度は考えたことがある疑問に、ビジュアルでわかりやすくお答えします。「高血圧の私の血管の中はどうなっているの?」「脂肪肝の夫の肝臓では何が起こっているの?」「骨粗しょう症になると骨はどうなってしまう?」「不整脈があるとき、心臓では何が起こっている?」「大動脈解離ってどういう病気なの?」言葉では聞いたことがあっても、いまひとつ想像できなかった体の中の様子が手にとるようにわかります。NHKのEテレの健康番組『チョイス@病気になったとき』で制作されたCG画像を用いて、体の中のミクロの世界を「見える化」。見るだけ、ながめるだけで、病気の仕組みがわかる、病気の対策ができる。予防法、対策法も充実です。一家に一冊はもちろん、医療関係者にも重宝な一冊です。

カテゴリー